任意整理という言葉は普通は債務の整理とも呼ばれており、おのおののお金の貸し手へ支払いを継続することを選択した債務を整理する形です。実際としての手続きですが司法書士とか弁護士有資格者貸方と借り手との中に入って相談し、法律にかんがみて利息の適用し直しをもとに一から計算しなおした借入金の元金の金利を減額する方法によって36か月程度の期日で返済を完了する借金整理計画です。この手続きの場合には警察などといった国の機関が口出しすることはないため他の手順と比べた場合でも利用した場合のリスクが最小で過程自体が依頼人にとってそんなに問題にならないので、真っ先に検討することをお勧めするやり方でもあります。さらには、貸方がサラ金などのとても高額な年利の場合には、法律で決められている金利を超過して払い込んだ利息分に関しては借入金の元金に適用すると考え借りたお金の元金それそのものを減額することもできます。ですから、サラ金といったようなとても高額な借入利息のところに対しある程度長い期間返してきた例だとかなりの金利分を減額できることもありますし10年以上続けて返済を続けている例では借金そのものがなくなってしまうこともないとは言えません。任意整理の良いところですが、破産と違ってある部分だけのお金だけを整理していくことができるため、保証人が付く負債を除いて整理したい場合や住宅ローンを除き検討していく際などでも使用することが可能になりますし、資産を放棄してしまう義務はないので投資信託やマンションなどの資産を持っているけれど、手放したくない場合でも有効な債務整理の手順になります。しかしながら、これからの返済に必要な額と収入を比較しある程度返済が見通せる場合においては任意整理の方法を選択するほうが良いといえますが破産申告と違って負債自体が消えてしまうということではありませんので、元金の量がかなりある場合などは、実際的には任意整理の手続きを踏むのは難しいと判断することになるでしょう。